ようこそいらっしゃいませ!「シルバーアドバイザーいけだ(略称:SAいけだ)」の多彩な福祉・ボランティア活動をブログで紹介します。
久しぶりに傾聴グループから投稿します。

1/12(月) 昨年から交流している(川西)傾聴グループ「よりそい」のお誘いで参加しました。講師はNHK学園の澤村直樹氏さん。
猪名川町傾聴V「みみい~な」もジョイント40名参加。「なごみ」から乾・三森・渋川・福井・正村・藤林・竹内7名。

keichou kouza@ ASTE sawamura naoki


傾聴をめぐって ~よくある疑問を中心に~

1. 傾聴の再確認
(1)傾聴とは会話における思いやりの心。対象者が自分の話に真剣に耳を傾けてくれていると分かることだと思います。
(2)心の安定を引き出す5つの姿勢があります。
一日の終わりにこの5項目のどれほどができたかなと振り返ってみるのも良い。

2.愚痴を言わなければいけない心の部分がある。
  
    ★傾聴Vは「話題ではなく、何故そう仰っているのか心の部分」に関心を持つ。


3.相手の心に寄り添う   
  河合隼雄先生と南伸坊さんの対談をテキストに「正しいことを言うことで如何に相手を傷つけるか。
  自分の気持ちを抑えて相手の気持ちを理解してあげる。」のが傾聴の神髄と再確認しました。


編集後記: 内容はこれまで勉強してきたことばかりでしたが、澤村先生の話は非常に分かりやすく、再度かみしめることが出来ました。 よりそい、受容、共感を分かっているつもりでも実際の活動現場ではいろいろの疑問にぶつかるものです。その一端を示してくださり、みんなもそうかと元気を頂いたような気がしました。 今回は交流先の「よりそい」の講座にお誘い頂いたもので ご配慮頂いた代表の土岐穰様に篤く感謝申し上げます。定員の関係でご一緒できなかった「なごみ」の皆様にお詫び致します。投稿 竹内詔夫